大人ニキビを何とかしたい









大人ニキビには様々な原因があります

思春期ニキビとは異なり、大人ニキビができる原因は複雑な要素が絡み合っています。思春期ニキビは皮脂の思春期特有の過剰な分泌によるアクネ菌の繁殖によって起こりますが、大人ニキビの場合にはその限りではないのです。

たとえば、大人ニキビは皮脂の過剰な分泌とは真反対だと思われがちなお肌の乾燥が原因になっていることもあるのです。お肌の水分量が低下すると、お肌を乾燥から守ろうとしてお肌は皮脂を出そうとします。そして皮脂が過多の状態になってしまい、結果的に大人ニキビにつながるのです。

また、女性ホルモンのバランスが崩れやすい生理前などにも大人ニキビはできやすいことがわかっています。女性ホルモンのバランスが悪くなると、お肌のターンオーバーが正常に機能しなくなりますので、これが原因でお肌の感想を招いてしまったり、肌荒れを起こしてしまったりするのです。そして、毎日の生活リズムが乱れてしまったような場合にも、女性ホルモンのバランスに影響を及ぼしますので、肌荒れへとつながります。

つまり、大人ニキビを予防するためには規則正しい生活リズムを心がけ、夜更かし、飲酒、喫煙などのお肌に悪いとされていることは極力控えることが大切なのです。特に夜10時から深夜2時まではシンデレラタイムといって、成長ホルモンを促してくれる時間帯なのでこの時間にしっかりと睡眠を取ることが肌荒れを防ぐためには効果的でしょう。また、大人ニキビの場合には思春期ニキビのような皮脂を抑えるスキンケアではなく、潤いをたっぷり与えてあげる保湿重視のスキンケアの方が有効なので、この点にも注意が必要です。